FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

18/3/27(火)イラつくパットの帰還

2018/03/26
Perhaps I should stay..
今日のチーズ教室には前回の倍、8人も生徒が集まる。あなただけで大丈夫?とパット。
ヘレンは大丈夫だと請け合うが、勿論彼女一人でやるわけじゃない。トニー父さんは幼児のジャックをみてくれるし、昼食はパット・ママが作ってくれたし、コーヒーとお菓子もパットが用意してくれた。チーズ用具の準備はスーザンとクラーリーがやってくれたし、教室後の洗い物も二人がやってくれるはず。(まるで女王様!?)

それにしてもさっさと出かければ良いのに半日家を空けるだけのことに「やっぱり家にいるべきかしら」「スーザン、あなたヘレンを手伝えるわよね?」「父さん大丈夫かしら」とやたらウザイパット。

ヘレンがDVで大変だった頃の耐え難く煩わしかったパットを思い出す。。

like a general skivvy
ヨーグルト作りのためのデアリーに戻ってきたスーザンはクラーリーにこぼす。
「なんでもやる召使いみたいに扱われるのは腹がたつわ(I do resent being treated like a general skivvy)」
スキビーなんて初めて聞いた

I'm on my way
そうよね、、と相槌を打っていたクラーリーだが、ウィルから電話があって慌てて出て行く。
ウィルはポピーを久々に託児所に預けて仕事に復帰したのだが、ポピーを迎えに行く途中、事故渋滞に嵌ってしまったのだ。「わかったわ!今行く!(I'm on my way)」と慌てて出て行くクラーリー・・・

I shouldn't have gone
ボランティアセンターから戻ったパットはチーズ教室の片付けが完璧じゃないからと言っては「私が行くべきじゃなかったのよやっぱり(I shouldn't have gone)」と救いようのない自虐モード。。
会いに行ったはずのウェインが来ていなかったからと言っては、「私に会って自分を恥ずかしく思ったに違いない」となんだか俺様モードなのだ・・・

lady of leisure
ヨーグルト作りもあるのにチーズ教室でのデモもやらされ、後片付けもやる羽目になって・・ケフィアなんて全然できないし、と愚痴いっぱいのスーザン。「いいのよ、5ポンド分愚痴言ってるって知ってるわよ!」

だがニールが言いたかったのは愚痴が多いよってことじゃない。
「僕がジャスティンのところで落ち着けば・・君が仕事する必要はなくなるんだよ」
「サブリナみたいに、有閑マダムになるってのはどうだい?(lady of leisure、辞書で引いたら”有閑マダム”。なる〜〜、懐かし〜〜、今でもそんな言葉使うのかしら〜〜

I can't forgive myself
かわいそうに、ポピーはお父さんが迎えに来なくて大泣きだったという。
お母さんもいなくなってお父さんも・・と動転したらしい。
ウィルも「自分のせいだ・・」とそんなことないのに自分を責めている。

しばらく家にきたら?とクラーリー。イースターの休みで子供達も集まるから
そうなんだ〜、イースターですか〜、
23:59 2018年3月 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

アーチャーズファンツイッター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新コメント