FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

ロブのスローな虐待

2016/04/08
2016/4/5号のBBCまとめより。やろうやろうと思ってできてなかったロブの所業のまとめ(ごくごく一部だけど。)
>>Read more 続きを読む・・・
23:59 ヘレンとロブ | コメント(0) | トラックバック(0)

ロブが狩猟中に

2016/07/22
(いつだったか忘れたのだが・・2014年か15年の狩猟シーズンの始め頃だったと思う)

狩猟をビジネスにしている人がアンブリッジには何軒か住んでいる。厩舎を持つシューラ、狩猟コースとなる森を持つ(持っているのか管理しているのかはよくわからない)オリバー夫妻、狩猟用の鳥を猟場で育てるウィルとそのボス、ブライアンなどなど。

狩猟に反対の人たち(ルースなど)もいるが、毎年シーズンには行われる。

ある猟の日、ロブは紳士然として参加していたが、途中で狩猟反対の活動家が隠れていて狩猟反対と一行に迫る。
リーダーだったシューラは混乱を収めながら皆を違うルートへ導く。
皆をルートからそらせた後活動家がいた現場に戻ったシューラはロブが活動家を殴りつけるのを目撃する。
しかも活動家が何もしていないのにだ。

殴られた活動家とロブをシューラと追いついてきたオリバーが引き離し、活動家は怒りながら去っていく。
残ったロブは「全く、見てくれよ、僕が何もしないのにあいつ乱暴に殴りかかってきたの、見ただろう?」

「本当かい?」と立腹するオリバー。
声もないシューラ。。。

後日シューラは警察に呼ばれて証言を求められる。活動家が訴えたのだ。
自分の仕事を守る目的もありオリバーを守る目的もあり、”身内”のロブを守る目的もあったのだろうか、
シューラは結局嘘の証言をする。

「その通りです、ロブが最初に殴ったのではありません」

しかしどうしても良心の呵責に耐えられないシューラはロブを呼び出し一言言う。
「あなたのせいで嘘をつかないといけなかったのよ」

ロブはケロリとしたものだ。「で?全て丸く収まったじゃないか」

ううむ・・・・悪魔だ、悪魔・・・
23:59 ヘレンとロブ | コメント(0) | トラックバック(0)

ヘレンの裁判近く:証拠&今までの経緯

2016/08/24
アーチャーズホームページのこのまとめがすごい!
The Evidenceのここでは二人の間が緊迫してきつつある状況から事件までのエピソードがいくつかまとめてあります。
>>Read more 続きを読む・・・
23:59 ヘレンとロブ | コメント(0) | トラックバック(0)

二人のすべて

2016/08/26
BBCアーチャーズのウェブサイト、ヘレンの事件の裁判が近づいてきて、これまでの経緯のまとめがいくつか載っています。ここには二人の出会いのいきさつから今までがかいつまんで解説されている。
>>Read more 続きを読む・・・
23:59 ヘレンとロブ | コメント(0) | トラックバック(0)

11人の優しい英国人 part1

2016/09/11
登場人物
ジャッキー(Jacqui):年配の女性 退職した知識層な感じ
ホリー(Holly):若い可愛い女性 気弱な感じ
リサ(Lisa):若めの女性 厳しい言葉遣いでposhな層は信じられない
パービーン(Parvine):中東系?女性 薬剤師(の教育あり)
ブレーク(Blake):若い男 Hollyをしきりに誘う
カール(Carl):中年男 ”よければ僕が陪審長やりましょう"
デニス(Dennis):中年男 弁護士や政治家なんて俺たちのこと分かっちゃいない
トリスタン(Tristan):若いゲイ男性 
>>Read more 続きを読む・・・
23:59 ヘレンとロブ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

アーチャーズファンツイッター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新コメント